七つの大罪【第30話】「集まれ!お祭り野郎共」ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

大人気漫画『七つの大罪』の第30話についてネタバレ紹介!

また『七つの大罪』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

スポンサーリンク

『七つの大罪』第30話を無料で読む方法

7つの大罪の漫画も無料で楽しめる
U-NEXT 動画配信サービスの「U-NEXT」なら、31日間の無料体験期間を使って7つの大罪のアニメ・漫画を無料で楽しむことができます。 7つの大罪のコミックス全巻も絶賛配信中!
  • 見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上の動画配信数
  • 無料ポイントを使えば毎月2~3冊無料で書籍を読める
  • 31日間無料体験ができる 
パンダZ
 
 
31日間以内に解約すれば料金は一切発生しないよ!アニメも漫画も無料期間中に一気に楽しもう!
 
 
スポンサーリンク

『七つの大罪』第30話のネタバレ

ツイーゴとジェリコは鎖に吊るされたその巨大な化け物に驚愕する。
ヘンドリクセンが語るには、それは二十年前に大消失した妖精王の森で発見された魔神族の屍体だという。
古い伝承の中にしか存在しないと思われていた魔神。女神族に敗れて封印されていたはずのそれがなぜそこにあったのかはヘンドリクセンにもわからないという。

ツイーゴとジェリコはヘンドリクセンに新たな力を与えられると言われてこの場に呼ばれていた。
するとヘンドリクセンは吊るされた魔神の手首を切り、そこから流れ出る血をグラスで受ける。
グツグツと煮えたぎるそれを、ヘンドリクセンは飲めと言って二人へ差し出した。

ヘンドリクセンによると、この魔神の屍体が回収された時には、周りに数百羽のカラスの死体があったという。
回収している最中もカラスが屍体に群がっていたが、その中の一羽が突然化け物に変化し、騎士団から数十名の犠牲者が出た。
つまりこの魔神の血肉には生物を変化させる効果があるのだという。

それを聞いたツイーゴが、血を飲んでも死か化け物しかないと問うと、ヘンドリクセンは適応すれば人の姿のまま魔力を上げることができると、その証拠としてギーラを指した。
ギーラはどちらにせよここの秘密を知ったからには引き返すことはできないと、二人に迫る。
ジェリコはバン、ツイーゴはメリオダスからそれぞれ受けた屈辱を思い出し、一気に魔神の血を飲み干す。
二人は激しい痛みに見舞われ叫び声を上げる。

ヘンドリクセンが不敵に見つめる中、ジェリコは大量の血を吐いてその場に倒れる。
ツイーゴは身体の中から魔力があふれ出してきたことを訴える。
ヘンドリクセンがヘルブラム卿と一人は適応かと言うと、新たな力を手に入れ興奮するツイーゴの身体が急激に膨れ上がり、そのまま爆発してしまう。
一方のジェリコは息を吹き返し、苦しみながら立ち上がる。
瞳孔が開いたまま荒く息をするジェリコを、ギーラはこちら側へようこそと迎えるのだった。

その頃、メリオダス一行は商人の町バイゼルを訪れていた。
今日は年に一度の古物市祭りが行われる日であり、そこで”誰にも扱えない武器”を買ってしまってボヤいている商人の情報があったのだという。
おそらくそれは神器のことだろうとメリオダスは考えていた。

ディアンヌはまたしても留守番になることに泣いて暴れる。
実際、何年か前に巨人族が暴れたせいで巨人族は出入り禁止になっているらしい。
するとエリザベスが今回は自分も留守番をすると申し出る。
女の子同士でおしゃべりしようというエリザベスに、ディアンヌは機嫌を直すのだった。

バイゼルは人でごった返し、その中では様々な商売が行われていた。
メリオダスたちが神器らしきものを探し出すのに苦労していると、家の上に腰かけて酒を飲んでいる老人が話しかけてくる。
商人ではないメリオダスたちの風貌から、老人は例の参加者かと聞いてきた。

メリオダスが事情を話すと、老人はもしそれが価値のあるものならば、喧嘩祭りに出ているのではないかと言う。
キングは素手の野蛮さに乗り気ではなかったが、メリオダスとバンは既に二人の決着をつけようと乗り気になっていた。
キングは神器を見つけるのが先決だと二人を止めるが、しかしそこで紹介された優勝賞品は、ディアンヌの神器”ギデオン”。
メリオダスはすぐに嫌がるキングも含め三人の参加を決める。

すると一人の大男がメリオダスを掴み、大会の格を下げるなと言う。
男は三年連続優勝者の豪商タイズー。
騒ぎになるかと思われたが、横から現れた男がタイズーの腕を軽く下げさせ、騒ぎを収める。
礼を言うメリオダスに明るく応じ、喧嘩祭り初参加を喜んでいるその男は、なんと聖騎士ハウザー。

キングだけはその男にどこか見覚えがあったが、もちろんハウザーもメリオダスもお互いのことは知らない。
様々な参加者たちが集う中、喧嘩祭りが開催される。

スポンサーリンク

『七つの大罪』第30話の感想

いよいよ人ならざるものが出てきました。
バンとエレインのエピソードが語られた外伝に出てきた魔神でしょうか。
ということはこの魔神を倒したのはバンということになります。

これまでも聖騎士や七つの大罪など尋常でない力を持つ人間や、一部化け物じみた生物は出てきていますが、ここまで異物感を醸し出す存在は初めてかもしれません。
とはいえキングなど妖精の存在は示唆されていましたから、それほど違和感のあることではないです。
最近語られ始めているメリオダスの真の姿にも関係してくるかもしれませんね。

一方でメリオダスたちのほうでは何やら大会がはじまりましたが、なんとここでハウザーとの出会い。
敵方でありながら異色の明るさ、能天気さを発揮していたハウザーですが、この調子だと七つの大罪と分かり合うなんて展開もあるかもしれませんね。
拳で語るタイプのバンやメリオダスとは気が合いそうな気がします。

『7つの大罪』のアニメを無料で観る漫画を無料で読む方法

7つの大罪アニメ 動画配信サービスである「U-NEXT」なら、31日間の無料体験期間を使って『7つの大罪』のアニメ・漫画を無料で楽しむことができます。 U-NEXTの特徴は以下の通りです。
料金 1,990円/月
配信数 33万冊以上
無料期間 31日間
ダウンロード
特徴 圧倒的配信数を誇り、漫画以外に動画も楽しめる
動画配信サービスとしては月額1,990円とやや高いですが、漫画も読むことができるので31日間の無料期間を使って動画を見たり、漫画を読み倒すのが鉄板の使い方です。 毎月1,200ポイント(1ポイント=1円)がもらえるので、そのポイントを使うことで毎月2~3冊の漫画を実質無料で読んだり、最新の映画などを見ることもできます。
パンダZ
無料でもらえるポイントを使って漫画の単行本を実質無料で買うというイメージだよ!
また、無料トライアル時にも600ポイントもらえるので、加入と即時に漫画1冊を実質無料で読めるんです。
パンダZ
U-NEXT」なら無料で7つの大罪のアニメが観れて、漫画も最終話まで読むことができるよ!
▼U-NEXTのメリット・デメリットについてはこちら  
スポンサーリンク
おすすめの記事