【怪獣8号】市川レノのプロフィール・経歴・強さ・エピソードなど紹介
スポンサーリンク

市川レノは、怪獣8号に登場する主要キャラクターであり、主人公の日比野カフカや、四ノ宮キコルと同期です。

見た目も性格もクールなキャラクターで、正義感の強い人物でもあります。今回は、市川レノについての経歴や強さをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

【怪獣8号】市川レノのプロフィール

市川レノは、4月12日生まれの18歳、身長174cm 、好きなものは音楽鑑賞、料理、少年漫画です。

氏名 市川レノ
年齢 18歳(4月12日生まれ)
身長 174cm
好きなもの 音楽鑑賞、料理、少年漫画
スポンサーリンク

【怪獣8号】市川レノの経歴

市川レノの生い立ちや経歴についてまとめます。

怪獣専門清掃業者でアルバイト

市川レノは、防衛隊に入る前、怪獣専門清掃業者モンスタースイーパーでアルバイトをしていました。

この時すでに防衛隊を目指しており、防衛隊選抜試験の対策として、解体業であるこの仕事を選んだとのことです。そしてこの職場には、日比野カフカが勤務しており、2人はここで知り合うことになります。

レノは、先輩であるカフカに仕事を助けてもらいつつ、一緒に防衛隊を目指し頑張っていたこともあり、防衛隊に入る前からすでにカフカとは良い関係性を築いていたように思えます。

第3防衛隊員に入隊

レノは、後に過去最難関と評される防衛隊選抜試験の二次を通過し、見事試験合格を果たしました。

そしてカフカや四ノ宮キコルたちと一緒に第3防衛隊に配属されました。同期みんな揃って同じ部隊に配属されたこともあり、ここでは、日々仲間同士で刺激し合って成長していく様子がみられます。

その中でも、レノの成長は群を抜いていました。

そして一緒に訓練を受け、初任務に挑み、同じ寮で生活している中で、仲間としての絆を築いた時期でもあったように思えます。

第4防衛隊員へ配属

第3防衛隊の拠点である立川基地を怪獣10号によって破壊されたことから、レノたち新人は、一時的な処置として各部隊へバラバラに配属されることになります。

その中でもレノは、松本基地を拠点とする第4防衛部隊に移ることになりました。この時は、カフカの正体が怪獣8号であるとばれてしまったこともあり、レノは今まで以上にカフカのために強くなろうと決意した時期でもあります。

日々鍛錬に励み、さらなる高みへ向かって努力している様子が伝わってきます。

スポンサーリンク

【怪獣8号】市川レノの強さ

市川レノの強さについてまとめていきます。

解放戦力の急激な成長

市川レノは、防衛隊選抜試験で初めて防衛隊スーツを着用した際に、解放戦力8%を記録しました。

さらに、そこからわずか2ヶ月で18%まで記録を伸ばします。

保科宗四郎は、レノが隊長クラスへ成長していける逸材である可能性を秘めていると感じるほどです。短期間で急激な成長を見せており、入隊後の成長が異常と言われるほどの急成長と遂げています。

ナンバーズ6の適合に成功

市川レノは、最強の兵器と言われるナンバーズ6の適合者としての兆しを見せました。

適合テストでは、負荷に耐えきれず意識を失い失敗に終わりましたが、そこから1ヶ月間の試用期間にて実戦可能なところまで実力を上げました。そして、最終試験とも言える分坑峠討伐作戦にて結果を残せるかどうか挑むことになります。

そしてフォルティチュード6.4の怪獣を相手にナンバーズ6を身につけて戦い、見事怪獣を倒すことに成功するのです。そのため今後は、市川レノがナンバーズ6を身につけて戦うことが予測されます。

仲間を想う強さ

市川レノは、仲間を想う強さが誰よりも強いように感じます。防衛隊に入る前にカフカと一緒に怪獣に襲われた時も、カフカを守るために逃げませんでしたし、カフカが選抜試験でリタイアしかけた時も見捨てず力を貸しました。結果や自分のことよりも、仲間のことを第1に考え行動する様子からは、何が本当に大切であるのかを教えられます。

そして、特にレノはカフカのために強くなろうとする意志がとても強いです。前にカフカに助けてもらったことにより、自分の目指す防衛隊像が明確になったのだと思われます。

それからは、カフカのように誰かを助けるために敵に立ち向かう、正義感の強い防衛隊員を目指しているように感じられます。そして、怪獣8号というリスクを背負うカフカを助けたいという思いが伝わってきます。

そのために強くなろうとする、ひたむきなレノの姿には心を打たれます。こういった真っ直ぐな想いや行動が、レノの強さに繋がっているのではないかと思われますね。

正義感の強さ

レノは基本的にはクールですが、とても素直で正義感の強い一面も持ち合わせています。仲間を大切にする正義感、そして、自分の弱さを認め、誰かの強さを認めることができる素直さもあります。だからこそ、真っ直ぐに突き進むことができるのでしょう。

そんなレノからは、仲間を想う温かさが伝わってきますね。

そして現状に決して満足せず、誰よりも先を見据えて努力している姿を見ていると、成長が早いのも納得です。

【怪獣8号】市川レノの名シーン

市川レノの強さに関する名シーンについてまとめました。

防衛隊選抜試験

選抜防衛隊試験の怪獣討伐において、日比野カフカがリタイアしかけるシーンがあります。

試験であるから、自分が合格するために行動する、つまり仲間より怪獣を討伐し点数を稼がなくてはいけない状況でありながら、レノはカフカを見捨てませんでした。そして、レノはカフカに向かって、フォローするから一緒に戦おうと言います。

普通だったら、自分の合否が関係している試験でここまでできないはずのことを、レノは当たり前のようにやって見せました。以前カフカに助けてもらったこともあると思いますが、誰にでもできることではないですよね。

仲間のために何のためらいもなく行動できるレノは、強くてカッコいいです。

怪獣9号に襲われたシーン

相模原討伐にて、市川レノと古橋伊春がいきなり怪獣9号に襲われる場面があります。増援も呼べず、2人は格上の9号相手に戦うことに。こういう時、自分よりはるかに強い怪獣を目の前に、死ぬかもしれないという恐怖は相当なものだと思います。

レノは、「怖い、四ノ宮ですらやられた相手だ。俺に勝ち目なんてない。けど俺のなりたい隊員は、こんな時、仲間のために体張れる男だ」と覚悟を決め、伊春を助けるために逃げずに戦います。前に同じような状況で自分を助けてくれたカフカが、レノの目指す防衛隊員像になっているのでしょう。

覚悟を決めて戦う姿からは、レノの本当の強さが伝わってきます。

カフカが怪獣8号だとばれたあと

カフカが怪獣8号だと正体がばれてしまい、カフカの本部施設への移送が決まりました。カフカは、今まで気にかけてくれたレノを裏切ってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいになっていました。

そして、今度こそ防衛隊員としての道が途絶えてしまった、そう思っていた時に、レノがカフカに「先輩、戻ってくるって信じてましから」と伝えます。

カフカにとってこの言葉は、折れそうになっていた気持ちから、夢を諦めないという前向きな気持ちにしてくれた、カフカを支える言葉になったと思います。そして、そこからレノはさらに強くなることを決意。今まで以上にもっと強くなってカフカを待つと決めるのです。

仲間を想い続け、ここまでの覚悟を決め行動することは、本当に強くないとできないことです。この場面からは、レノの真の強さが伝わってきました。

ナンバーズ

上記でも述べたように、市川レノはナンバーズ6の適合者に選ばれました。

ナンバーズは、使いこなせば単騎で大怪獣を処理できるレベルの強力な兵器です。しかし、その反面、強大な負荷と最前線での戦闘機会の増加により、使用者の半数は、除隊前に命を落としているほどです。その中でも、最も強力で危険と言われているのが、ナンバーズ6です。それを分かったうえで、レノはナンバーズ6を引き受けます。普通であれば、これを聞かされたら、誰でも自分の命を考え辞退しようと考えてしまうと思います。

実際レノもその怖さを考えたでしょう。

しかしカフカの夢を考え、怪獣8号として戦っているカフカのことを救おうという想いで覚悟を決めます。そして、いざ挑んだ適合テストでは、強大な負荷に耐えきれず気を失ってしまいました。

それで恐ろしさを実感したと思います。しかし、それでも全く迷うことなく、自分がやると言って譲りませんでした。そして、見事ナンバーズ6を使いこなせるまで成長していきます。この強い気持ちをもとに行動するレノにはいつも驚かされます。本当に人に勇気を与えられる人物だと感じますね。

【怪獣8号】市川レノと主要登場人物との関係

市川レノと主要登場人物との関係について、エピソードをまとめました。

日比野カフカ

日比野カフカ

上記でも述べたように、レノと日比野カフカは防衛隊に入る前からの知り合いです。そこで一緒に働いたことや、一緒に防衛隊を目指そうと頑張ってきた仲間として、他の隊員以上に絆が深いように感じます。

またレノはカフカに命を助けてもらったこともあり、また、カフカが怪獣8号であると唯一知っていた人物でもあるため、何かとエピソードが濃く、関係が深いことも事実です。

たくさんの困難をともに乗り越えてきた仲間であるからこそ、この2人は相棒的存在になっているように思えます。そして、相棒的存在だからこそ、2人のやり取りは見ていて面白い場面もあります。

カフカの言動に対してレノがツッコミを入れるシーンが多くあり、思わず笑ってしまうような様子が見られます。見ているこちらからすると、本当に良い関係性の2人なんだということが伝わってきますね。

緒方ジュウゴ

市川レノがナンバーズ6の適合者になった時、レノは第4防衛隊に配属されていました。そこで指揮をとっていたのは、第4防衛隊隊長である緒方ジュウゴでした。緒方はレノに、適合者に選ばれた旨を伝えたうえで、危険だから辞退するよう進めました。

しかし、レノはカフカを救うために危険を承知でこの件を引き受けます。そして、レノは初めての6号兵器適合テストに臨みますが、失敗してしまいます。その様子を見た緒方は、レノの将来を思い、辞退すべきだともう一度伝えました。

それでもレノは自分がやると食い下がります。その様子を見て危ういと思いながらも、緒方はさらに1ヶ月の試用期間をレノに提示。そこでナンバーズ6を身につけるに相応しいかどうか見極めるとします。

結局レノはこの難題もやってのけたので、ナンバーズ6の適合者となりそうなのですが、この過程だけでも緒方がレノを心配している様子がとても伝わってきてきました。緒方はレノの将来と真剣に向き合ってくれる、良い隊長であることが分かりますね。

古橋伊春

レノと古橋伊春は、同じ時期に防衛隊に入った同期同士であり、2人は何かと一緒にいることが多いです。特に、伊春がレノに対してよく突っかかったり、ライバル視したりしている様子がうかがえます。

初任務の相模原討伐では、伊春がレノの戦い方をみて悔しがっている様子が見られます。伊春は、怪獣討伐の専門学校で5年間みっちり訓練を受けてきていましたが、防衛隊に入って間もないレノについていけませんでした。そして、そのあと2人が怪獣9号に襲われたシーンでは、伊春がレノに対して悔しさをあらわにしている場面があります。

伊春は、解放戦力がもう2週間近く伸びておらず、ずっと強くなることばかり考えて生きてきたのに、簡単にレノに追い抜かれたことがよほど悔しかったのだと思われます。それでも、やはり仲間です。伊春はレノを助けるために一緒に戦います。

このシーンから、2人ともお互いをなんとか助けようとする様子が伝わってきました。

そして、配属先が変わった時も、レノと伊春は同じ松本基地の第4部隊に配属されます。伊春は他の誰よりも、レノと一緒にいる時間が長かったこともあり、レノの急成長を目の当たりにします。さらに、レノがナンバーズ6の適合者として選ばれたことから、素直に喜ぶことができず、自分だけ置いていかれるような虚しさを感じてしまいます。

そのため、レノは気づいていませんが、伊春はレノに対して嫉妬している様子があり、それでも仲間としてレノのことを大切に思っている、そんな状態がうかがえる関係性だと言えます。

スポンサーリンク
おすすめの記事